旧Googleサイトのお知らせ機能を引継ぎためには

現在、旧Googleサイトでページのお知らせ機能を利用して、ポータルサイトのTOPページに、会社全体の連絡事項、又は部門別の連絡事項を掲載されていませんでしょうか?ちょっと見栄えは悪いけれども、Googleサイトで投稿機能としてお知らせの投稿ができるようにするには手段が他にはなく、アドオンを利用するには追加予算がかかるため、とりあえずこれで良しとする。おそらく、これは多くの企業様に共有している現状だと思います。

そして、ここにきて新しいGoogleSitesが登場したことにより、各機能をどのように引き継いでポータルさとのリニューアルを進めればよいか、システム担当者の方は非常に悩まれています。特に上記で説明したお知らせ機能については、新しいGoogleサイトでは機能がないため、投稿権限や自動的に投稿がTOPに表示される仕組みを引き継ぐことは、残念ながら現時点ではできません。

しかし、少し兆しが見えてきました。投稿機能までは望まないけれども、せめてページ内リンクは機能を追加して欲しいと節にGoogle様へ要望を繰り返していた結果。多くのユーザの皆様の声が集まったのか、新しいGoogleサイトでページ内リンク機能が追加されました。

公開ページの見出し部分のリンクアイコンが表示される

編集ページではなく、公開ページにリンクアイコンが追加されました。このリンクアイコンにマウスを添えるとコピーのアナウンスが表示されますので、リンクをコピーします。そして、編集ページへ戻り、ご要望の箇所にリンクを張り付けることで、該当ページ内部の見出しにアンカーテキストとして、ページ内リンクに飛ぶことができます。これは嬉しいとても機能です。

つまり、TOPページにお知らせ一覧の箇条書きを作成して、お知らせページに投稿情報をまとめて作成し、各見出しにページ内リンクをすることで、それなりの形を再現することができるわけです。

しかし、旧サイトのお知らせ機能と類似しているとは言えませんが、ずっとどうやって表現しようか悩んでいた問題がこれで少し解決しました。コラムを読んでいただいている皆様も、ページ内リンクの機能をご確認いただき、ご活用されてみてはいかがでしょうか。

PR:弊社では、特にに社内ポータルの旧GoogleSitesから、新しいGoogleSitesへの移行支援をサービス提供しておりますので、お困りの企業様はお気軽にご相談ください。

Google Cloud Next ’19 in Tokyoに株式会社マツヤもシルバースポンサーとして出展

Google Cloud Next ’19 in Tokyoが7月31日(水)・8月1日(木)の2日間開催され、株式会社マツヤもシルバースポンサーとして出展が決定いたしました!詳しくは下記の特設ページを御覧ください。

▲ PICK UP INFORMATION
Googleサイト最新情報

クラウドサービスのセキュリティのリスクについて

画像カルーセル機能とは何か

「見出し」設定している部分が目次に表示されます。

G Suite管理者向け新しいGoogleサイトを社内でフル活用するためのノウハウ集を作成しました。

全てG Suiteで完結させたい。無駄な紙や労力を削減できます。

旧Googleサイトのお知らせ機能を引継ぎためには
クラウド活用のご相談、弊社サービスへのお問い合わせはお気軽にご連絡ください。
☎ 0289-62-0101
受付時間:平日10:00~17:00
 メールの問い合せ
東京事業所 〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目13-6 サガミビル2F
本社 〒322-0025 栃木県鹿沼市緑町1-2-39
対応可能エリア
北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県
GoogleならびにG SuiteはGoogle Inc.の商標です。
株式会社マツヤはG Suite™(旧Apps)正規代理店であり、パートナー・サポーターに認定されています。
G Suite Authorized Reseller Matsuya inc. Copyright (C) Matsuya. All Rights Reserved. Related Sites OFFICE PORTAL